ケイ素とは

 

近年、とても注目を集めているケイ素。
「健康や若返りに必要な成分だよね?」といった感じで、なんとなく知っている人は多いと思います。
必要な成分ならば、積極的に摂りたいですよね。ケイ素は一体どんなものなのか、簡単にご紹介します。

 

元素であるケイ素

ケイ素は、地球上で酸素の次に多い元素です。

 

シリコンと呼ばれ、純粋なケイ素のまま存在することは少なく、酸素と結合したシリカとして存在しています。
地球の表面に多く、岩や土、砂、水や植物にも含まれる成分です。

 

サプリメントの錠剤の割れを防ぎ、有効成分の保護のためのコーティング剤としても使われています。
半導体材料やガラス、陶磁器の原料にも使用されていて、実は、私たちの生活になじみ深い元素なのです。

 

人体に必要不可欠なケイ素

元素であるケイ素ですが、私たちの体にとってなくてはならない成分なのです。

 

すべての細胞に存在し、人体の組織や機能を強化し、その役割を維持するために働きかけます。
体内に18gとかなり多い保有量が検出されるケイ素ですが、皮膚に最も多く含まれ、
骨、髪、爪にも多く、これらの成長維持や強化に必要なのです。

 

ケイ素が不足すると、人体すべての組織や機能に支障が出るため、動脈硬化や皮膚のたるみ、脱毛、爪の割れ、骨粗鬆症、ガンやあらゆる病気に対する抵抗力の低下など、様々な症状をきたすことになります。

 

ケイ素は体内で生成されず、加齢とともに減少してしまうので、ケイ素を含む食品やサプリメントでしっかりと摂取する必要がありますね。

 

ケイ素は女性に最も必要?

いつまでも若く、美しくありたいと誰でも思いますよね。女性は美にとても敏感な生き物です。
ケイ素は肌の弾力や潤いを保つために必要な成分で、体内のコラーゲンは、ケイ素がないと作られないのです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などの組織を束ねて丈夫にすることで、保水力をアップさせる働きをします。肌だけではなく、爪や髪にも影響し、ハリやツヤを与えるのもケイ素です。
爪が割れたり、抜け毛や枝毛、切れ毛や白髪などは、ケイ素が不足しているということですね。

 

骨の形成や強化にも必要なケイ素ですが、ケイ素の摂取量が多い女性ほど、骨密度が高いということが、アメリカの研究でも発表されました。
女性は、閉経前から急速に骨密度が低下すると言われています。骨粗鬆症予防にもケイ素は必要なんですね。

 

ケイ素についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
人体にとって、なくてはならないケイ素。
これを知ることで、明日からの意識が変わりそうですね。
目指せ、ケイ素で健康美人!!

 

関連ページ

ケイ素を含む食品ランキング
美のミネラルと言われているケイ素。そんなケイ素を食品から上手に摂り入れられるようにランキングにてご紹介します。
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りマニュアル
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りの仕方について説明します。
ケイ素が持つアンチエイジング効果に興味ある?
ケイ素がなぜ最近注目されているのかというと、ケイ素にはアンチエイジング効果があるからなのです。
セシウムを吸着排出するケイ素の働き
福島原発事故以来、セシウムによる健康被害が心配されています。そのセシウムを体外へ排出することで最近注目されているのがケイ素です。
水溶性ケイ素の糖尿病に対する効果
糖尿病の一つの指標として使われているヘモグロビンa1cの数値が水溶性ケイ素で下がった事例が数多く報告されています。水溶性ケイ素のヘモグロビンa1c、糖尿病に対する効果についてお伝えいたします。
不眠症で苦しんでいる人は試しにケイ素水を飲んでみてはどう?
いろんな面からケイ素は不眠症改善に期待できます。不眠症で悩んでいる人は試してみる価値があります。