ケイ素が持つアンチエイジング効果

 

ケイ素という栄養素を聞いたことがありますか?
あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、ケイ素というのは今大注目のミネラルの一種で、シリカとも呼ばれています。

 

実はケイ素は自然環境内や体内にも多く存在している身近な成分なのです。
地球上で一番身近で最も多い元素はよく知られている酸素ですが、次に多い元素はなんとケイ素(シリカ)なのです。

 

というのも、ケイ素は土、岩、植物、水などの身近にあるものに多く含まれているからなのです。
このケイ素、なぜ最近注目されているのかというと、ケイ素にはアンチエイジング効果があるからです。

 

ケイ素は体内にも含まれているのですが、年齢を重ねるにつれてケイ素はどんどん減少してしまうのです。
ですので、積極的にケイ素を体内に摂取することで、アンチエイジングの効果が得ることができると大注目されています。

 

コラーゲンはアンチエイジングでよく知られていますが、このコラーゲンの生成を助けるのがこのケイ素です。
コラーゲンが存在するところにはケイ素は必ず存在しているといっても良いほど、コラーゲンとケイ素は切っても切れない関係なのです。

 

ケイ素を体内に摂取すると、体内にあるコラーゲンを束ねる働きをし、筋肉の老化も抑えてくれるのです。
いわばコラーゲンとコラーゲンの接着剤のような役割をするのがケイ素です。

 

このケイ素は体内で生成できないため、食べ物で摂取し続けるしかありません。

 

ケイ素は土の中に多く含まれていますので、穀類(玄米、ひえ、あわ)やジャガイモ、麦類(小麦、大麦)に多く含まれています。
特に野菜では皮の部分にケイ素は多く含まれていますので、皮ごと調理し摂取するよう心がけましょう。
こういったケイ素を多く含む食べ物を積極的に摂取してアンチエイジング効果を得ましょう。

 

ケイ素は体の中では皮膚に多く含まれます。

肌に良いと言われているコラーゲンをうまく束ねる効果のあるケイ素を摂取すると、お肌の隙間を綺麗に埋めてくれ、保水力が増幅し潤いが増します。
そして、お肌にハリが増えることにより、シワになりにくい肌を作ることができます。

 

他にもシリカには体内の組織同士を強く結束する効果がありますので、髪の毛や爪を強く保つ効果もあります。
切れ毛、二枚爪などを改善するためにもケイ素を効率良く摂取しましょう。
ケイ素を効率良く摂取し、肌、髪の毛、爪などのアンチエイジングに役立てましょう。

 

関連ページ

ケイ素とは※女性に最も必要な成分だって知っていた?
近頃人気のケイ素(シリカ)。でもケイ素のことを本当に知っていますか?ここでは、ケイ素についての基本的な知識を綴ります。
ケイ素を含む食品ランキング
美のミネラルと言われているケイ素。そんなケイ素を食品から上手に摂り入れられるようにランキングにてご紹介します。
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りマニュアル
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りの仕方について説明します。
セシウムを吸着排出するケイ素の働き
福島原発事故以来、セシウムによる健康被害が心配されています。そのセシウムを体外へ排出することで最近注目されているのがケイ素です。
水溶性ケイ素の糖尿病に対する効果
糖尿病の一つの指標として使われているヘモグロビンa1cの数値が水溶性ケイ素で下がった事例が数多く報告されています。水溶性ケイ素のヘモグロビンa1c、糖尿病に対する効果についてお伝えいたします。
不眠症で苦しんでいる人は試しにケイ素水を飲んでみてはどう?
いろんな面からケイ素は不眠症改善に期待できます。不眠症で悩んでいる人は試してみる価値があります。