不眠症の緩和にケイ素

 

最近よく耳にするようになった「ケイ素」は人間の体の臓器や組織の重要な構成成分です。
ケイ素が不足してしまうと、体のさまざまな部分に問題を生じてしまうことがあります。

 

ケイ素の主な働きとは

ケイ素と聞いても、健康や美容で注目されている成分だというのは分かりますが
詳しい働きなどは分からないという人は多いのかもしれません。

 

ケイ素は毛髪や爪、血管や骨などの人間のさまざまな部分に含まれている成分です。
ケイ素は髪の毛や爪を発育させたり、細胞を活性化させたり、
血管を丈夫にしたりなどの体を健康に保つための働きをしています。

 

まずはケイ素の主な働きを簡単に上げていきます。

  • 毛髪や爪を発育させる
  • 皮膚細胞を活性化する
  • 自己免疫力を高める
  • 骨や歯のカルシウムを補う
  • 老化を防止する
  • 血管を丈夫にする
  • 体の酸化を防ぐ
  • 糖尿病の症状を予防する
  • 認知症リスクを軽減する
  • 腸内環境を整える

などなど、他にもたくさんの重要な作用がケイ素にはあるのです。

 

ケイ素は不眠症も緩和する

ケイ素は不眠症の症状も緩和するということで知られています。

 

不眠症はいくつかの原因があって、人によって起きる原因は異なります。
中でも心理的な原因や精神医学的な原因で不眠症が起きてしまっているという人は多いですよね。

 

まずはストレスが関係していることで起きる不眠症についてお話しします。
ケイ素はさまざまな働きをして、人間の体を健康な状態に保っています。
ケイ素の作用を大きくまとめると、抗酸化作用、血管再生、アンチエイジング、コラーゲンの結束などがあります。

 

ケイ素にはデトックス効果もあります。ケイ素が直接的にストレスや不安を和らげるということは言われてはいませんが、
ケイ素を体に摂り入れることで肉体を健康状態に保つことができるというのは明らかです。
人間は体が健康体でなければ、ストレスをためてしまったりメンタルが弱くなったりしていきます。
結果的にケイ素は体を健康に保つことで、精神のストレス状態を和らげると考えられます。

 

体も心も元気であれば、不眠症になる原因は少なくなるので不眠症の症状が緩和されることが期待できるのです。

 

ケイ素が不足することセロトニンも不足する

最近の研究では体の中からケイ素が不足すると、
脳を活性化させているセロトニンの分泌が減少する
ということが分かっています。

 

セロトニンの分泌が不足すると、朝の目覚めは悪くなるし夜の寝つきも悪くなります。
これは不眠症につながる原因となります。
そしてセロトニンが不足することで精神のバランスが崩れるということはよく知られています。

 

結果的にうつ病や不安症などの原因となります。
うつ病や不安症も不眠症の原因となるものです。

 

ケイ素を不足しないようにしていくことでセロトニン不足も解消されれば、
不眠症の症状を緩和していくこともできることがあります。

 

関連ページ

ケイ素とは※女性に最も必要な成分だって知っていた?
近頃人気のケイ素(シリカ)。でもケイ素のことを本当に知っていますか?ここでは、ケイ素についての基本的な知識を綴ります。
ケイ素を含む食品ランキング
美のミネラルと言われているケイ素。そんなケイ素を食品から上手に摂り入れられるようにランキングにてご紹介します。
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りマニュアル
ケイ素水の化粧水の特徴と手作りの仕方について説明します。
ケイ素が持つアンチエイジング効果に興味ある?
ケイ素がなぜ最近注目されているのかというと、ケイ素にはアンチエイジング効果があるからなのです。
セシウムを吸着排出するケイ素の働き
福島原発事故以来、セシウムによる健康被害が心配されています。そのセシウムを体外へ排出することで最近注目されているのがケイ素です。
水溶性ケイ素の糖尿病に対する効果
糖尿病の一つの指標として使われているヘモグロビンa1cの数値が水溶性ケイ素で下がった事例が数多く報告されています。水溶性ケイ素のヘモグロビンa1c、糖尿病に対する効果についてお伝えいたします。